2018.12

plan and design works

Standing Bar

OSAKA_ Kitashinchi

キャッシュレスのスタンディングバーの空間デザイン。空間をそれぞれ異なるコンセプトを持つ4つの「村」に分け、ネット上に設けた各村のチャット機能などのツールを補助的に使いリアルの場でのコミュニケーション活性化を主な目的としている。通常の飲食店舗での内装や什器の役割とは違う視点で、それぞれの空間の鍵となる要素にコミュニケーションを生むための機能を付加した。

photo by 大竹央祐 - yosuke ohtake